ロケ地No.10【清雲寺】

>>田代城主であった、内藤秀行が開基と伝わります。

山門は「ひとしょい門」と呼ばれています。中津川べりから山門の建設に必要な木材を山のように積み上げ、「ひと背負い」でここまで運んできたお坊さんの伝説にちなみます。

 

 

 

 

 

眼下には田代地区の家々が広がり、お寺からの眺望は絶景です。何かの形に似てませんか??※詳しくは動画にて!!

>>場所はコチラから探してみよう

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中