ロケ地No.9 【石神社】

>>かつて「吒天(たてん)岩屋」と呼ばれ、八菅修験第二番の行所でした。

覆殿は、16世紀に建てられた町内最古の木造建造物です。

断崖の頂には、神体の「たいへい岩」と呼ばれる巨岩があって、修験の他は登ることを禁じられていた聖地でした。

      

場所は、コチラから探してみよう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中