ロケ地No.13 【宮ケ瀬ダム】

総貯水量1億9,300万㎥の首都圏最大級のダムです。
堤高156m、堤頂長375m、堤体積約200万㎥。定期的に開催される「観光放流」がテレビに紹介され、多くの観光客が賑わいをみせます。


通常入ることができないダム右岸に設置されている管理用階段(フーチング階段)は、ダムの下から上まで125メートル、510段イベントなどの際に、特別に開放されます。※観光放流やフーチング階段解開放の日程は、平成30年 観光放流実施日でご確認ください。

上から堤と宮ヶ瀬湖を見下ろせる堤体の上はこんなに広く、こちらも撮影スポットに‼

水とエネルギー館のオシャレカフェ「レイクサイドカフェ」では、「宮ヶ瀬ダム放流カレー」が大人気。観光放流時には大行列になることもあります。

あまり知られてはおりませんが、宮ケ瀬ダムの下流には、総貯水量55万7千㎥、堤高34.5m、堤頂長87mの「石小屋ダム」があります。小さなダムですが、宮ケ瀬ダムの副ダムとして、愛川第一発電所の放流水や観光放流で流される水を、一時的に貯めこみ、必要な水量を調節し、下流の中津川へ放流しています。名前の由来となった「石古屋」は、かつての中津渓谷の景勝地の名称です。


場所は、コチラから探してみよう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中