ロケ地No.24【愛川ソーラーパーク】

>>2013年(平成25)に営業運転を開始。神奈川県営施設としては、初の太陽光発電所となりました。

太陽電池モジュール(いわゆるソーラーパネル)が約7,900枚、最大出力が約1.9メガワットの「メガソーラー」で、施設内一帯を埋め尽くす巨大パネル群は、まるで宮ヶ瀬湖の湖面のようです!


施設内にはパーク全体を一望できる「展望の広場」や、外周の遊歩道(約900M)などがあります。

ツツジの季節が終わると、パネルの付近に除草を目的とした「ある動物」が放牧され、遊歩道からは、ムシャムシャと草を食べ続ける光景も見られます。

2018年4月からは、「湘南ベルマーレ愛川太陽光発電所」という愛称が付けられた愛川ソーラーパークです。

※愛川ソーラーパークの詳細についてはコチラを参照してください。

>>場所は、コチラから探してみよう。

第1回愛川レッドカーペット「あいかわ発見動画の部」ファイナリスト作品で冒頭愛川ソーラーパークを扱った、「エネルギー×愛川町」(法政大学稲増ゼミB班)


同じく応募作品で愛川ソーラーパークを扱った「ようこそ愛川太陽光発電所へ」(五月女智一)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中