ロケ地No.6【滝神社】

>県立あいかわ公園に近い半原地区北部、川北の沢平から横根にのぼる滝坂の奥にひっそりとたたずみ、裏手には高さ数メートルの滝が流れています。

神社の周囲は木々に囲まれているため木漏れ日が射す程度。夏でも涼しさが感じられます。

格子戸にたくさん掛けられているカラフルな布袋。布の底は縫われておらず、底が無いことから「底抜け袋」と呼ばれています。


「底抜け袋」は安産祈願のもので、底抜けの袋に物を入れたとき、とどまることなく落ちるように、軽々と子どもを産ませて欲しいとの願いがこめられています。

今でも、妊婦さんが、この「底抜け袋」を借りに来て、無事に出産した後は、借りた袋に添えて、新しい「底抜け袋」を奉納する慣わしが残っています。

こうした民俗信仰には、つぎのような伝説が残っています。

昔、滝神社近くに住みついたという女性が、難産により命をひきとるとき、こう言い残したという。「私のような者に、親切にしてくださったこの里の方々のご恩は決して忘れません。この里の方がお産で命を落とすことのないよう、必ず、お守りします。」

場所は↓から探してみよう。


第1回愛川レッドカーペット「愛のショートムービーの部」最優秀賞「あいのかわ」では冒頭の重要なスポットとして描かれています。製作したZO EIZO自前の「底抜け袋」にも注目!!2分30秒ぐらいから流れます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中