優秀賞「TOO MATCH」制作者インタビュー Episode2 ~CONCEPT~

1月に海老名のカフェレストラン「PUBLIE」で行われた、第2回愛川レッドカーペット【ムービー部門】優秀賞「TOO MATCH」監督の宮原拓也さんと脚本の岡戸優太さんへのインタビュー。Episode1での制作チームの話から、いよいよ「TOO MATCH」という物語が生まれたバックグラウンドへとインタビューは発展していく。いまだ緊張しっ放しなシュニン(以下「シュ」)を尻目に、口火を切ったのはもちろんこの男、プロデューサーのCDだ!

監督の宮原拓也さん(右)と岡戸優太さん(左)

場所を見て決めようということになって、ロケハンに行ったんです。

CD 作りがインディーズっぽくないんですよね。すごく計算されているというか。敢えて指定のロケ地を外して、挑戦的な感じもして。
宮原 確かに挑戦的な部分はあったと思います。規定から外れた所で撮りたいというのもあったし。
シュ 物語はどんな風に生まれたんですか?
宮原 最初は自由にアイデアを出し合ってました。愛川レッドカーペットに応募しようとなってから何案か持ち寄ったんですが…モノを書くより、場所を見て決めようということになって、ロケハンに行ったんです。
岡戸 ダムとか…ソーラーパークとか…滝とか…
シュ 行ったんですか(笑)
岡戸 すごく良い所がいっぱいある町だなとか思って(笑)
宮原 小沢バス待合所には、昼食の前に偶然クルマで通りかかったんです。ちょっと待って、良いんじゃないのってなって。ここを生かした物語を何案か考えようと。
岡戸 考えていたのが、企業のウェブCMみたいな。物語があるCM。
宮原 バス待合所に忘れ物があって、その忘れ物を通じて男女が仲良くなっていくようなプロットも作ったんですが…ちょっと待て、制限時間5分じゃんと。5分でその深さが描けるのか、ひっかかりが分かりやすいものを作ったほうが良いんじゃないかって話になったとき、マッチングアプリのアイデアが出て、これ題材にできないかって。
岡戸 最初の脚本では、幼馴染だけど自分とは正反対の子と、アプリで知り合って会ったことはないけどプロフ上の趣味が合っている子だったら、どっちがいいのかっていう物語を考えていました。でも、もっと単純に、アイちゃんとの待ち合わせに行ってみたら、マユミが来て焦ったカズヒデっていう方が、ライトにみえていいかなと。核になる部分は外して、今の脚本になりました。
宮原 「愛」にまつわる議論はしたんですが、明確な答えには辿り着けなかったんです。だから、「愛」を語るというか、自分たちの世代的な「愛」を上手く描けたらいいかなって思いました。

岡戸 マッチングアプリも実際にやったことがあったりして。
シュ それは、題材にすることを決めた後に?
岡戸 いやいや、前からです(笑)
シュ え(笑)
岡戸 知り合いにアカウントが見つかったことも実際ありまして(笑)
シュ 経験が反映されていたとは。
岡戸 恥ずかしい思いをペイするみたいな(笑)

CD タイトルワークもステキでしたね。
岡戸 編集も始まって、いよいよタイトルを付けなきゃなって、チームのLINEグループに自分で案を投げては、やっぱ違うなと自分でツッコんでを繰り返してました。
シュ どんな案があったんですか?
岡戸 撮影段階では、「JUNCTION(仮)」って感じで、それを核にした案が多かったんですけど、マッチングアプリが題材だしと思いつきまして。出した瞬間はダジャレっぽいかな、でもやっぱコレ良くない?てなって。
宮原 突っ切りました。そこが功を奏したかなと。
CD TOO MATCHって、MATCHが多すぎだよってなるけど、TOOが2人とか色々な深みがある、良い造語ですよね。
宮原 よく思いついてくれたなぁと(笑)

「TOO MATCH」は、「小沢バス待合所」という場所発信の物語だったことが明らかになる!そして、マッチングアプリの体験者だったことをさらりと明かす世代間ギャップに、若干引き気味なシュニン。そんなシュニンに業を煮やしたCD。いよいよ本腰を入れてトークに参加し始め、この後もどんどん盛り上がる予感・・・!

次回、Episode3のテーマは「SCREENPLAY」。シュニンとCDは、脚本、岡戸優太さんを丸裸にできるのか!?そして…花火大会のアイデアを生んだのは、まさかの○○○○からの○○○だった!?珠玉のエピソードの数々、ますます目が離せない!

Episode2のインタビューをPDFファイル(or印刷して紙)でも広めよう!愛川町役場庁舎内にも掲示中!優秀賞「TOO MATCH」制作者インタビューEpisode2(PDF版)

ここまで来てまだまだ見ていない人のために

投稿者: aikawaredcarpet

神奈川県愛川町をロケ地とした動画コンテスト「第3回愛川レッドカーペット」の公式サイトです。

優秀賞「TOO MATCH」制作者インタビュー Episode2 ~CONCEPT~」に9件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。