ロケ地No.10【清雲寺】

>>田代城主であった、内藤秀行が開基と伝わります。

山門は「ひとしょい門」と呼ばれています。中津川べりから山門の建設に必要な木材を山のように積み上げ、「ひと背負い」でここまで運んできたお坊さんの伝説にちなみます。

 

 

 

 

 

眼下には田代地区の家々が広がり、お寺からの眺望は絶景です。何かの形に似てませんか??※詳しくは動画にて!!

>>場所はコチラから探してみよう

ロケ地No.19 【たむそん自然農園】

>>三増にある約1万平方メートルの畑で、肥料や農薬を使わず、愛川町の美味しい水と綺麗な空気、肥沃な土壌を生かした自然農法が行われています。

古くから作り継がれてきた固定種にこだわり、自家採種した種から栽培しているため、愛川町の土地に合ったおいしい野菜を味わうことができます。自然農法で栽培された野菜はとても珍しいため、町内だけではなく町外にも多くのファンがいます。

周辺の自然と調和した農園では、自然農法に触れ合う体験イベントを定期的に開催され、親子連れで賑わいを見せています。

>>場所はコチラから探してみよう

ロケ地No.6 【滝神社】

>県立あいかわ公園に近い半原地区北部、川北の沢平から横根にのぼる滝坂の奥にひっそりとたたずみ、裏手には高さ数メートルの滝が流れています。

2020年9月現在の滝神社。2018年の台風24号の影響による土砂崩れで社殿が損壊。その後撤去されていましたが、2020年4月に再建されました。
損壊前の滝神社の社殿

掛け所に掛けられているカラフルな布袋。布の底は縫われておらず、底が無いことから「底抜け袋」と呼ばれています。


「底抜け袋」は安産祈願のもので、底抜けの袋に物を入れたとき、とどまることなく落ちるように、軽々と子どもを産ませて欲しいとの願いがこめられています。今でも、妊婦さんが、この「底抜け袋」を借りに来て、無事に出産した後は、借りた袋に添えて、新しい「底抜け袋」を奉納する慣わしがあります。

こうした慣わしの由来となる、伝説が残っています。

昔、滝神社近くに住みついた女性が、難産により命をひきとるとき、こう言い残したという。「私のような者に、親切にしてくださったこの里の方々のご恩は決して忘れません。この里の方がお産で命を落とすことのないよう、必ず、お守りします。」

第1回愛川レッドカーペット「愛のショートムービーの部」最優秀賞「あいのかわ」では冒頭の重要なスポットとして描かれています。製作したZO EIZO自前の「底抜け袋」にも注目!!2分30秒ぐらいから流れます!

>>場所はコチラから探してみよう

ロケ地No.11 【勝楽寺】

 

嘉永4年(1851)に建てられた壮大な山門があります。

文政12年(1829)、半原の柏木右兵衛安則が大工棟梁として着工しましたが、安則の死去により工事は中断。嘉永2年(1849)安則の子、矢内右兵衛高光が工事を再開し、落成しました。
山門の階上には釈迦三尊と十六羅漢が安置されています。

毎年4月17日には、「半僧坊春の大祭」が開催され、賑わいを見せています。

場所はコチラから探してみよう

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。